「マジカル・アイ」

「マジカル・アイ」は不思議な美しい立体感のある絵を凝視していると、その絵の中から、それまでまったく見えなかった別の絵が浮かんできて、絵そのものが立体的になって見えてきます。
「マジカル・アイ」は、眼の筋肉をほぐして本来の機能を取り戻してくれる働きがあるといわれます。

早くから視力回復に取り入れているアメリカでは、1日3分ずつ、2週間続けると効果が現れてくるとされ、多くの実践者がいます。
日本でも数年前から爆発的に実践者を増やしています。


視力低下の原因

私達は遠い所を見るときは目の調節筋を緊張させます。この調節筋の緊張が遠い所を見るときも緩まない状態が、いわゆる仮性近視、そしてこの状態が固定してしまったのが大部分の近視と考えられます。

★3dで視力回復を見る★

ヒトの目は見るものの距離に応じて、毛様体筋(水晶体を支える筋肉)が緊張したり弛緩して、水晶体の厚さを調整しピントの合った映像を網膜上に映すことによって、ものをはっきり見せるようになっています。

近視や遠視、乱視といった目の異常(視力低下)は簡単にいうと、毛様体筋や動眼筋(眼球を動かすための眼球周囲にある筋肉)などの目の筋肉が固まった状態になり、水晶体をうまく調整できなくなるために起きるケースが多いそうです。

視力低下の原因は色々ありますが、最も多いのは「近視」です。近視には強い近視と軽い近視の2種類があり、強い近視は先天性、つまり遺伝的な素因によるものですが、多いものではありません。軽い近視の方は学校近視という呼び名があるように、読書や勉強といった手元の仕事が原因といわれています。
 
理屈上では近視は予防可能ですし、仮性近視は治るはずです。しかし原因となる読書や勉強を完全にやめるわけにはいきません。確実な予防や治療の方法がない理由です。

治療にあたっては視力の低下した原因が何なのかをよく理解してからすべきです。またテレビやパソコンの画面は目に悪いといわれていますが、はっきりした結論はまだ出ていないそうです。

ともかく姿勢をよくし、長時間目を使用したあとは遠くを見るなど、しっかり目を休めることが大切ですね。

 



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。